子どもを妊娠したことが分かって悪阻がひどくなったのをきっかけに、長年働いていた職場を退職しました。ようやく子どもの育児と家事の両立にも慣れ始めてきたのは1歳になる頃でしたが、そろそろ職場復帰をと考えています。ですが預ける保育園の問題もありますし、調べてみると予想外に保育料が高いんです。これではあまり外に働きに出るメリットがありませんし、それでは何か自宅でできるお仕事がないかと探してみることにしました。在宅でする仕事というと昔から世の主婦がしていたのは内職ですね。でも内職は時間が割かれるわりにそれほど稼げません。何より子どもが小さいですから、一日のうちにどれくらい時間が割けるか検討がつきません。そんな中で探したのが女性向け副業なのです。

どのような仕事があるのかということですが、小さな子どもがいる主婦にはぴったりの仕事かも知れません。時間は子どもがお昼ねをしている2時間程度と、子どもが寝た後の夜の2時間程を女性向け副業のために用意しました。夜は夫とテレビを観ながら、話をしながらですので、たっぷり2時間集中することはできないのですが、それでもやり始めるとお金が稼げるという感覚が嬉しくって思ったより頑張ってしまいます。

この女性向け副業はある商品の検品をして梱包、発送するという業務なのですが、その日に終わった分の業務は翌日に発送します。毎日ただこの単調な作業を繰り返すだけではありますが、内職のイメージよりは随分内容も良くて報酬もたくさん頂けています。スピードアップすればもっとこなすことも出来ますが、継続してお仕事をやっていきたいですので、ひとつひとつ丁寧にを心がけるようにしています。仕事がない時もありますが、そんな日は子どものお昼ねの時間に一緒に眠ったり、読書をしたりと充実した時間を過ごしています。だらだらと時間があった時よりも、女性向け副業で少し忙しく過ごしている今のほうがよほど充実していると感じます。仕事の時間を決めているからこそ、家事も決めた時間にこなせるようになりました。今後も子どもが幼稚園に入園するまでは続けて行こうかなと思っています。